イタリア語/代名詞

主語の人称代名詞一覧:

単数形:

io - I - Note: no capital letter requiredtu - you - Note: used to address one personegli - he - Note: not used in common talklui - he - Note: colloquial, normally it replaces egliella - she - Note: not used in common talklei - she - Note: colloquial, normally it replaces ellaesso - it - Note: masculine, little used in common speechessa - it - Note: feminine, little used in common speechlei - you - Note: special use; sometimes with capital initial

複数形:

noi - wevoi - you - Note: used to address two or more peopleVoi - you - Note: same as 'voi' with lower case initial, but more formal (compare to 'Lei' in the singular)essi - they - Note: masculineesse - they - Note: feminineloro - they - Note: both masculine and feminine, colloquial, normally it replaces essi and esseLoro - you - Note: special use, very uncommon, capital initial

1人称代名詞(単数:io、複数:noi)は特に説明の必要がありません。

2人称の代名詞(英語のyouは単数・複数とも)は、英語よりもはるかに多様な用法があります。

Tuは1人称(単数)にのみ用いられ、古い英語のthouと関係があります。 インフォーマルに感じられます。 同じ家族のメンバー(例:父、母)、親戚(例:叔父)、子供、友人、そして現代では仕事仲間に使われます。 2064>

その他の場合(特に友人や親戚ではない大人の人に対して)、代名詞のレイ(大文字で書かれることもある)に置き換えられることが多い。 この代名詞は文字通り彼女を意味し、その使い方はHis/Her Majestyなどの英語の文章に似ています。

同じ目的で、代名詞Ellaも使うことができます。

2人以上の人に呼びかける場合、親族、友人、その他の人々に対して、フォーマルでもインフォーマルでもvoiが使われます。 Leiの複数形はLoro(大文字の頭文字)ですが、現在ではほとんど使われていません。 Loro の代わりに Voi が使われますが、これは voi と同じで大文字です。

単数3人称の代名詞(英語の he/she/it )は、置き換えられる名詞の性別を考慮し、イタリア語では男性か女性しかありえない。

人を指す場合、彼は egli (proper language, rarely used in speech) または lui (colloquial), 彼女は ella (rare in speech) または lei (colloquial) と訳される。

動物や物については、名詞が男性名詞(例:lago、湖)である場合はesso、女性名詞(例:barca、ボート)である場合はessaと訳されます。 口語では、彼らは通常loroと訳されます。

また、動詞の形が人によって変わるため、英語ほど代名詞を必要としないことも覚えておく必要があります。 Io sono felice(私は幸せです)より、Sono felice(私は幸せです)と言ったほうがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。