アルテミスへの支払い:月へ戻るにはいくらかかるのか?

この記事はSpaceNews誌2019年6月10日号に掲載されたものです。

マイク・ペンス米副大統領が、人類を月面に戻すためのタイムテーブルを4年早めるようNASAに指示して以来、同機関はその目標達成の方法を示すことに注力してきた。 3月のペンス大統領の演説に続く数週間から数ヶ月の間に、NASAは、SLSとオリオン、「最小限の」ゲートウェイ、月着陸船など、現在Artemisプログラムと呼んでいるものの大まかな計画を打ち出し、2024年の着陸に間に合うようにそれがどのように組み合わされるかについて説明してきた。 5月13日、NASAはついに待望の2020年度予算修正案を発表し、SLS、月着陸船、および関連技術の作業をサポートするために16億ドルの追加を要求した。 NASA長官のJim Bridenstine氏は、5年間で80億ドルもの費用がかかるという報告を拒否しましたが、その総費用はまだ公表されていません。

「将来的には、2020年の現在の16億ドルよりも多くなることを期待しています。 それは皆知っている」と、予算修正に関するブリーフィングで述べた。 「831>

少なくともNASA本部内では、これらの全体的なコスト見積もりは存在している。 5月31日のNASA諮問委員会で、NASAの有人探査・運用(HEO)担当副長官ビル・ガーステンマイヤーは、「私たちはそれらの数字を持っており、まだ内部で議論しているところだ」と述べた。 「まだ検討中なので、その数字を出すのはためらわれる」

それでも、評議会とその支援委員会のメンバーのような人々が、そのコストについてより詳細を求めることを止めなかった。 5月28日の会合で、有人探査・運用委員会のウェイン・ヘイル委員長は、「開発プログラムの資金は、ほぼベルカーブに沿っていると言えるのではないだろうか」と述べました。 「16億ドルは頭金だろう?」

「21年、22年、23年、24年に予算の増額が必要になると予想している」と有人探査・運用担当の副長官ケン・バウソックスは答えている。 「HEO内ではすでに予算の見積もりを出していますが、すべての関係者からOKの合意が得られるまでは公には話しません」

彼はまだ内部予算について「合理的だと思います」と言いました。 「831>

⇒ 「Bridenstine estimates Artemis cost at $200 billion to $300 billion」

ある人物や機関にとっては妥当でも、別の人物にとっては妥当でないかもしれない。 それは、その資金がどこから来るかということに関しても言えることです。 ブライデンスタインや他の人たちは、2020年のArtemisは、予算修正で要求された追加資金という形で、省庁の他の部分から資金を移すのではなく、完全に「新しい」お金で賄われることを強調している

「過去には、NASAの別の部分に資金を供給するためにNASAのある部分を食い物にしようとしました」ブライデンスタインは4月の天文学ワークショップで言いました。 「831>

彼はそれ以来、何度もその点を強調しています。 「5月30日、NASA諮問委員会で、「私たちは前進し、これに資金を提供するつもりであり、それに資金を提供するためにNASAを共食いさせるつもりはないという予算要求の支持を得ている」と述べました。 しかし、NASAは議会への最初の投書で、プレートを見つけることができませんでした。 Credit: NASA

Gerstenmaier, however, offered a different take, at least for later years. 「831>

彼は、2021年以降にArtemisに完全に資金を供給するためには、いくつかの資金を自分の部局内またはNASAの他の場所から調達する必要があることを示唆した。 「私たちは効率性を追求し、機関内部でいくつかの削減をしなければならないでしょうし、それは難しいことです」と彼は言った。 「831>

しかし、公式の機関方針は、Artemisは科学のような他の機関の優先事項に影響を与えることなく資金を供給されるということに変わりはありません。 NASA のスポークスマン Bob Jacobs 氏は、6月5日の声明で、「予算管理の際には誰もが効率性を求めますが、それは Gerstenmaier 氏が NASA 顧問委員会でのプレゼンテーションで話していたことです」と述べています。 「しかし、長官はArtemisのために科学を浪費することはないと言ったし、それがNASAの立場だ」

2020年の追加資金調達の問題がまだある。 NASAとホワイトハウスは、下院歳出委員会がNASAの資金源となる商業・司法・科学(CJS)支出法案のバージョンを発表する直前に、2020年の予算修正案を発表した。 その法案には修正予算が盛り込まれておらず、委員会のメンバーは、今月末の法案のマークアップで修正案を拒否したり、その他の方法で議論することはなかった

Bridenstine は議会で、それは単にタイミングの問題であり、その提案を拒否しているわけではないと語った。 「これは、低所得層の学生の大学進学を支援するペル・グラント基金の既存の余剰金から追加資金を支払うというホワイトハウスの提案に言及したものである。 831>

Bridenstine は、まだ CJS 支出法案の採点を終えていない上院では、より温かく迎えられると予想していると述べた。 831>

最終的には、上院の法案は、NASA の科学プログラムや、SLS や Orion などの探査活動のいくつかの要素に資金を追加した下院の法案と調整されなければならないでしょう。 これは、最近の歴史に基づくと、おそらく数ヶ月かかるプロセスです。

「人々は、私たちが2回目に入ったと言った」と、Bridenstine は予算計上プロセスに関する評議会で述べた。 「831>

Management lessons

それは初回かもしれないが、NASAは議会への最初の投書でプレートを見つけることができていない。

3月に加速した月探査計画の一環として、BridenstineはNASAが現在Artemisと呼ばれているものを実施するために、「Moon to Mars Mission Directorate」の設立を求めるだろうと述べた。 831>

「運用について話すときと開発について話すとき、それらは異なるスキルセットを持つ2つの非常に異なる種類の能力である」と、彼は4月のNASAのタウンホールミーティングで述べた。 「ここで話しているのは、開発に焦点を当てたミッション部門である」

このような再編成には議会の承認が必要であった。 しかし、5月23日の内部メモで、Bridenstine は、議会がこの提案を拒否したと述べたが、その理由は説明しなかった。 その代わりに、「我々は有人探査・運用ミッション本部内の現在の組織構造の下で前進する」

その決定は、航空宇宙産業幹部で、アルテミスの計画をサポートするために今年初めにNASA長官の特別補佐官として加わったマーク・シランジェロ氏の退社につながった。 831>

先月、議会は、アルテミスを監督する月・火星ミッション本部を設立するという NASA の提案を拒否しました。 この決定により、NASA のジム・ブライデンスタイン長官が 6 週間前に連れてきた、アルテミスの計画とおそらく新しいミッション本部を運営するための航空宇宙産業幹部、マーク・シランジェロ(中央)の退任を招きました。 Credit: NASA

“NASA がもはや新しいミッション部門を追求しないことを考えると、マークは他の機会を追求することを選択した “と Bridenstine 氏は書いている。 831>

NASA を去ってから最初の公式コメントとして、バージニア州アーリントンで行われた全米宇宙協会の国際宇宙開発会議(ISDC)での6月6日のスピーチで、シランジェロは月着陸の目標を「どんな手段を使ってでも」達成するために NASA に来たと述べている。「831>

「私は特別補佐官として、月への道筋、資金調達方法、実現するために必要なリストラの3つのことを理解するために、この3ヶ月を過ごしました」と彼は言った。 5月に彼が去るまでに、NASAは計画を立て、2020年の予算修正案を提出したが、再編成については進展させることができなかった。

彼の出発は、宇宙産業の一部を落胆させた。 「NASAの過去の実績を考えると、NASAがその期限を守れるかどうかには多くの疑問がある」と、2016年にトランプ陣営の宇宙政策顧問を務めた下院科学委員会の元委員長ロバート・ウォーカーは、ISDCでの6月5日の講演で述べている。

「NASAは最近、ここの議会に行き、これらすべてのプログラムをまとめる新しい長官を求めたが、基本的に議会は頭を振って、『いや、我々はそこに行くつもりはない』と言った」と彼は言い、シランゴがNASAを去るよう促し、「おそらく非常に良い理由を持って」

「彼はその種のプログラムに非常に、非常に良い選択だった」ウォーカーは、シランゴのことをそう言った。 「彼はインスピレーションに満ちた選択だったと思います。 しかし、議会は基本的にそのような方法で進めようとすることに水を差しました」

なぜ議会が新局面を拒否したと思うかと尋ねられたウォーカーは、一言で説明しました。 「831>

NASA諮問委員会では、ガーステンマイヤーが新部局を作らないという決定を支持した。 「2つの部局の間に生じるであろう多くの縦割りを打破することになる。 831>

その代わりに、彼は、Artemis プログラムが宇宙技術のような他のミッション部門と直接作業できることを含め、明確な権限を持つことを確実にするために、彼の部門内で組織の変更が行われると述べた。 「831>

Sirangelo は ISDC でのスピーチで、NASA 内外の過去の主要プログラムの管理にならって、彼が Artemis の「強力な中央管理」と呼んだものの必要性を強調した。 「彼は、アポロ11号まで6年以上にわたってアポロを管理したジョージ・ミューラーを例に挙げ、「私の考えでは、それが今後の月計画に必要なことだ」と結論づけた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。