なぜ私のフレンチブルドッグは攻撃的になるのでしょうか? – What To Do

私のフレンチブルドッグは攻撃的になっています-どうしたらいいのでしょう。 家庭でよく見られる犬種であるフレンチブルドッグは、かわいらしくもあり、知的でもあります。 しかし、問題は、フレンチブルドッグが攻撃的になる可能性があるかどうかです。

フレンチブルドッグは確かに犬であり、他のすべての犬と同様に、特定の状況で攻撃的になることがあります。 人々は彼らと彼らの持ち物を守るためにそれらを飼いならしたにもかかわらず、それはすべての犬は一般的に適切な状況で積極的になる可能性があると述べた。 しかし、そのようなことはありません。

So What You French Bulldog to be Aggressive?

Understanding why a dog starts acting aggressively is key to figuring out the best plan to stop this alarming behavior. 犬の攻撃性には、いくつかの可能な説明があります。

Fear Illness and Injury
Frustration Possessiveness
Establishing Dominance

恐れによってフレンチブルドッグが攻撃的になることがあります。

どんな犬でも威嚇するようになる可能性があります。 ほとんどの犬は、彼らが危険にさらされている、逃げることができない、それは自分自身を保護する必要があると感じている場合にのみ、攻撃的な行動を持っています。 犬が逃げ場のない場所に閉じ込められたと感じたり、自分に対するあなたの意図が攻撃性のものでもあると感じたりすると、攻撃性が起こります。

以下に、あなたの犬が経験するかもしれない一般的な恐怖をいくつか挙げておきます。

雷に対する恐怖 花火に対する恐怖
一人になることへの恐怖(分離不安) 獣医への恐怖
車に乗ることへの恐怖 上下の移動に対する恐怖
男性への恐怖 他人への恐怖
子供への恐怖 特定の物体への恐怖

通常より激しい行動や緊張を見せる救助犬には、多くの場合、以下の理由があると考えられます。 を無視されたり、トラウマになったり、幼少期に十分な社会化が行われていなかったりした場合です。

ほとんどの場合、救助犬は、虐待された犬の訓練を専門とする訓練士による服従訓練を必要とします。 あなたは、犬の不安をケアで管理することができるかもしれません。 適切な行動について獣医に相談してください。

Little French Dogは、Amazon.co.jpを広告しリンクすることによってサイトが広告料を獲得できる手段を提供することを目的としたアフィリエイト広告プログラム、Amazon Services LLCアソシエイト・プログラムに参加しています。

病気や怪我がフレンチブルドッグを攻撃的にすることがあります

いくつかの病状により犬が暴れることがあります。 攻撃性の兆候を見せていなかった犬が、不意にうなり声をあげたり、キレたり、噛みついたりし始めたら、それは怪我や病気が引き金になっているかもしれません。

痛みは犬の攻撃性の最も頻繁な原因となっています。 あなたの予期しない攻撃的な犬は、重大な不快感や不安を引き起こす病気や怪我を持っているかもしれません。 痛みのいくつかの潜在的な原因は、炎症、骨折、内部損傷、多発性腫瘍や刺し傷を含む。

特定の病気は、一見不合理な行動につながる、あなたの犬の性格に影響を与える可能性があります。 高齢の犬における脳の病気や腫瘍、神経の変化は、攻撃性の発達に寄与することがあります。

あなたの犬が痛みや不快感を感じていると思われるときに薬を与えることは、その行動を改善することがあります。

所有欲がフレンチブルドッグを攻撃的にすることがあります。

所有攻撃や財産保護は、犬が自分の食べ物、おもちゃ、ベッド、庭、または関心のある他の項目の独占欲を持っている場合に発生します。 所有敵意を示す犬は、誰かが彼のフードボウルに来る場合は唸り、または彼らは自分の好きなおもちゃで遊んでいるときに近づくことがあります。

犬はまた、犬のドメインであるあなたの家に入る任意の部外者を攻撃することがあります。 たとえば、おもちゃを楽しんでいるときになでられると平気でも、食事中に同じことをされると噛み付いてくるかもしれません。 これはすべて、犬がその品物にどの程度の価値を置いているかによります。

Establishing Dominance can cause your French Bulldog to be aggressive.

犬はしばしば、支配権を決定するために攻撃性を発揮します。 通常、これは他の犬にもっと適用されますが、これはまた、人に起こることができます。

行動のこのフォームを示す犬は、彼らが物事の担当であることを示す必要があると考えています。 彼らは自分の役割が脅かされていることを考えるたびに成長し、スナップ、または咬むが発生します。 残念なことに、人々は時々、別の原因があるかもしれないときに支配的な行動として犬の攻撃性の原因を混同する。

あなたの犬の攻撃性を混同しないように勤勉である。 あなたがあなたの犬の攻撃的な行動の本当の理由を知っていると信じているまで、健康問題や不安を除外する。 そのため、矯正のための努力は、問題を悪化させる可能性があります。

フラストレーションは、あなたのフレンチブルドッグが攻撃的になる原因となります。

フラストレーションによって引き起こされる攻撃行動は、再方向暴力または障壁怒りと呼ばれています。 これは、犬が物やアイテムに到達できないことに苛立ち、その苛立ちを別の方法で表現した場合に起こることがあります。

裏庭に鎖でつながれた犬は、道路の向こう側や隣の庭に住んでいる別の犬に到達するために引っ張るために一日を過ごすことがあります。 一日中拘束された犬は、たいてい吠え、興奮が高まるとより激しくなります。

遺伝によってフレンチブルドッグが攻撃的になることもあります。

無謀な繁殖も攻撃性の大きな原因の一つです。 この特性は一部遺伝し、危険な犬同士を交配させると、その子孫は特定の段階で攻撃的な行動を示す可能性が高くなります。

攻撃的な犬を購入しない方法は、攻撃的でない子犬を買うことです。常に、親とその気質をあなたに見せることができる評判の良いブリーダーから購入します。

How French Bulldogs Express Aggression

French Bulldogsによって示される攻撃、それは通常吠えるとうなることによって表現。 フレンチブルドッグが他のペットや動物に物理的に危害を加えることはまれで、両方のペットを適度に若い年齢で連れてきて、彼らが一緒に成長するようにすれば避けることができます。

フレンチブルドッグは人を噛むことはあまり知られていません。 現在の噛みつき統計 2019

10.5%

10.5%

10.5%

90.90%

19052160%

CANE CORSO 235 207 28 88.10%
ウエストハイランドホワイトテリア 68 61 7 89.70%
ボルボイ 111 100 90.20% 11 11 90.1% 10.0% 10.5% 10.7% 11 11 11 11
アイリッシュウルフハウンド 101 91 10 90のように。10%
presa canario 41 37 4 90.20%
beauceron 43 48 5 90.0%.60%
アイリッシュセッター 154 140 14
スタフォードシャーブルテリア 143 130 13 90.90.90%
ブリタニースパニエル 122 111 11 91.00%
シッパーキ 130 119 91.50%
ボーダーテリア 143 131 12 91.9% 91.1% 1509 119 11.1% 11.5% 11.5% 11.5% 119
ブルテリア 83 76 7 91.60%
カーリーコーテッドレトリバー 181 166 15 91.20%.070%
パグ 48 44 4 91.70%
フラットコーテッドレトリバー 87 80 7 92.9% 91.1% 92.00%
ラブラドールレトリバー 842 776 66 92.20%
English cocker spaniel 75 70 5 93.30%
ブラック・ロシア・テリア 164 154 10 93.90%
Belgian Malinois 440 414 26 94.9% 10 154 16 16 17 17
boerboel 57 54 3 94.70%
french bulldog 52 2 96.9% 2 3 94.9% 1507 150720%
犬種と咬傷の全リストは以下のリンクからご覧ください。
https://www.maxlawsc.com/dog-bite-statistics/#breed

Is There A Difference Between Female And Male And Aggression in French Bulldogs

If you are choosing a French Bulldog puppy or an adult dog, do not be confused by the puppy’s sex; how aggressive a dog has nothing do if they are male or a female or propensity to be disobledient, defiant, even violent.というのが、フレンチブルドックの性別の違いです。 多くのブリーダーは、彼らのメスのフレンチは問題であるとさえ主張している。

対照的に、オスは穏やかな心優しい、また、メスのフレンチブルドッグはまたムードやサッシーになることができると、他のいくつかのブリーダーにとって、彼らの認識はその逆である。

Does Neutering Your French Bulldog Early Help with aggression?

去勢により影響を受ける行動は、男性ホルモンの制御下にあるものばかりである。 犬の性格、しつけの姿勢、やりたがりなどは、遺伝や育て方の産物であって、男性ホルモンの影響ではありません。 不妊手術は、興奮しすぎた犬を「手なずける」ことはできません。

攻撃的な犬は、去勢手術を検討すべきです。 これは、攻撃性の遺伝的特徴の繁殖と伝達を止めるのに役立ちます。 また、不妊手術は、攻撃性のいくつかの形態、それらの影響を受けるホルモンを低減または排除することができます。

French Bulldogs Can Be Head Strong. しかし、これは侵略ではありません。

いくつかのフレンチは、彼らが部屋を支配していると思うように、特定のフレンチの態度は、真実には、彼らの注意を求める行動の一部である。 そして、彼らは飼い主の注意を保護するようになる。

そのため、フレンチブルドッグに、そのような行動は適切でないことを知らせておくとよいでしょう。

あなたのフレンチブルドッグがまだ若いとき、あなたは家の中でボスであり、彼らではないことを示すためにあらゆる努力をする、あなたが知っているように、悪い行動は、彼らが大人に成長すると修正するのは難しいです。

フレンチブルドッグは他のペットや子供にも友好的

フレンチブルドッグが他のペットと全く問題なく交流し、同じ家に住み、一緒に寝たり食べたりして、どちらも相手に対して攻撃的でない光景が多く見られます

不思議とフレンチブルドックは子供が好きなことが多いのです。 フレンチは、同じ実家であれば、誰とでも、どんな動物とも、問題なく仲良くできます。 しかし、常に幼い子供と一緒に、単独で犬と一緒にしないこと。

フレンチブルドッグの攻撃的行動の対処法

攻撃的行動を修正し、もう起こさないようにするには、CAT(構成的攻撃治療)アプローチは確かに素晴らしい方法である。 このプロセスは、彼らの日常から犬を取り、彼らの興奮が増加する原因となるものを認識させることを含む。

問題からそれらを遠ざけることの代替として、このアプローチは、犬が彼らの課題に正面から対処することができ、彼らは状況や人が去るつもりはないことを認識し始めて、彼らはそれを受け入れることができます。

フレンチブルドックの性格や気質.(新しいブラウザで開く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。